探偵コラム11

探偵コラム11

探偵コラム11

不倫自体は、相手に拒絶の意思がないことを確認したのであれば犯罪行為とはならないため、刑法で罰を与えることは無理ですが、道徳的に許されることではなく払うべき犠牲は想像以上に大きくなります。配偶者の不倫に関して訝しく思った時に、逆上して理性を失って相手の状況も考えずに激しく追いつめて責めてしまいたくなると思いますが、こういうことは賢い選択ではありません。すぐ浮気に走る人の特有の性格として、社交的で積極的な部分が大きいほど大勢の異性とつながりができる状況もよくあり、絶えず特別な刺激を欲しています。同じ探偵業者でも技術力や調査の力量に大きな差があり、多くの調査業協会のうちのいずれに名を連ねているかとかその探偵社の会社の規模がどれほどのものであるかとか、調査料金の詳細によって一まとめにして比較して決定することがしにくいという依頼者にとって非常に厄介な課題もあります。後悔だけの老後だとしても誰も手を差し伸べてはくれませんから、浮気のトラブルの自分なりの結論を出すことや決定権は自分自身にしかなく、第三者は違和感があっても言うことはできないものなのです。

探偵コラム11関連ページ

探偵コラム12
説明文12
探偵コラム10
説明文10
探偵コラム9
説明文9
探偵コラム8
説明文8
探偵コラム7
説明文7
探偵コラム6
説明文6
探偵コラム5
説明文5
探偵コラム4
説明文4
探偵コラム3
説明文3
探偵コラム2
説明文2
探偵コラム1
説明文1