探偵コラム8

探偵コラム8

探偵コラム8

配偶者との関係を再構築するとしても別れを選択するとしても、「浮気が事実であること」を立証できると確認した後にアクションに移した方が無難です。思慮の浅い言動は相手が得をしてあなただけがつまらない目にあいます。普通に言われている浮気とは既婚の男女間のものだけではなく、男女の友人以上の関係性についてお互いに本命としている相手とその関係性を続けながら、勝手に本命とは異なる異性と恋人同様の付き合いをするという状態を指します。どのような手法で調査を進めるかについては、調査を要請した人物や対象となる人物の事情が様々であるため、契約が成立した時の事前の相談で探偵調査員の適正な人数や使用する調査機材・機器や車やバイクを使うかどうかなどを決めていきます。浮気をしている相手の正体がわかっているならば、不貞を働いた配偶者に謝罪や慰謝料等を要求するのは当然の権利ですが、浮気相手の女にも謝罪や慰謝料等の支払い等を要求することができます。配偶者の浮気という事実にかなり落ち込んでいる場合もあるので、探偵事務所の選定において客観的に判断することができないのだと思います。自分で選んだはずの探偵会社によって一層痛手を負うこともないわけではないのです。

探偵コラム8関連ページ

探偵コラム12
説明文12
探偵コラム11
説明文11
探偵コラム10
説明文10
探偵コラム9
説明文9
探偵コラム7
説明文7
探偵コラム6
説明文6
探偵コラム5
説明文5
探偵コラム4
説明文4
探偵コラム3
説明文3
探偵コラム2
説明文2
探偵コラム1
説明文1