無視できないレベルの格差

長野 浮気調査

業者によっては全体的な調査能力に無視できないレベルの格差があり、どのような業界団体に属しているかであるとか探偵社の規模についてであるとか、費用の相場からは一様に判断するのは難しいという依頼する側からすると厄介な悩みもあります。
浮気調査を海外で行うケースについて、国によっては法律で日本人の調査員が浮気に関する調査行動を実施することがNGとなっていたり、探偵としての調査活動を許していなかったり、その国の探偵免許を要求されることもあるので気をつけなければなりません。

 

警察の仕事は起こった事件を解決することに尽力しますが、探偵はそうではなく事件が起こる前にそれを抑えることを使命とし警察に頼るほどでもないレベルの違法な行動を白日の下に晒すことなど を業務として行っています。
浮気といえば相手は異性と思われがちですが、正確には付き合う相手の人は異性のみになるというわけでは必ずしもありません。

 

往々にして男性同士または女性同士でも浮気と解釈する以外にない関係は存在しえるのです。
浮気の証拠集めを業者に託す場合は、数軒の業者に見積もりを出してもらう「相見積」で何軒かの事務所に一律の条件において見積書を提示してもらいそれぞれ照らし合わせて検討することが望ましいと思われす。